準々決勝・本庄少年-蔵上町少年 完封勝利を収め、仲間と喜ぶ蔵上町少年の先発天本陽晴(中央)=みどりの森県営球場

本庄少年(佐賀市)

 0000000-0

 400000×-4

蔵上町少年(鳥栖市)

(本)高柳俊、筒井-内田

(蔵)天本陽晴-池田

▽二塁打 三澄、天本陽晴(蔵)

 

 蔵上町少年は初回に一挙4得点。先発天本陽晴が好投し、本庄少年を零封した。蔵上町少年は初回、1番三澄の二塁打を皮切りに相手の失策で先制すると、その後も3安打を集めて4点を挙げた。投げては天本陽晴が相手打線を散発3安打に抑えた。本庄少年は五、七回に走者を三塁まで進めたが、あと一本が出なかった。

エース3安打完封

 最後の打者を打ち取ると、蔵上町少年の主戦天本陽晴は両手を広げて仲間と喜び合った。本庄少年を3安打に抑えて完封勝利を収め、「後ろのみんなが守ってくれたおかげ」と仲間への感謝を口にした。

 序盤から打たせて取り、危なげない投球を見せた。初めて得点圏に走者を許したのは五回表。2死三塁のピンチは外角への直球で空振り三振に仕留め、グラブをたたいて雄たけびを上げた。

 本職は内野手で、今年のプロ野球・ソフトバンクのジュニアチームに選出されるほどの技術を誇る。「プレッシャーを背負いながらもチームを引っ張ってくれる」(天本考一監督)と信頼を集める背番号6は「次もチームを盛り上げるプレーを見せる」と宣言した。

このエントリーをはてなブックマークに追加