2回戦・思斉館少年―蔵上町少年 7回裏蔵上町少年1死一、二塁、1番三澄亮仁の適時三塁打でサヨナラ勝ちを決め喜ぶ選手たち=佐賀ブルースタジアム

思斉館少年(佐賀市)

 0011100-3

 1000012×-4

蔵上町少年(鳥栖市)

(思)中島理―峯

(蔵)天本陽晴、三澄―池田

▽三塁打 野田(思)三澄、池田(蔵)▽二塁打 野田(思)

 

 蔵上町少年は一回裏、5番池田の右前適時打で1点を先制。その後、逆転を許し、1点を追う七回裏1死一、二塁の場面で、1番三澄が右中間を破る適時三塁打を放ち、劇的な逆転サヨナラ勝ちを収めた。

 思斉館少年は六回まで2失点と好投していた先発中島理が最終回に捕まった。

 

思斉館、中島理 力投実らず

 ○…手にしかけた「勝利」の二文字がスルリとこぼれ落ちた。思斉館少年は1点リードの七回裏、1死一、二塁のピンチの場面で蔵上町少年の1番三澄亮仁に右中間を破る2点適時三塁打を浴び逆転サヨナラ負け。土壇場でベスト8進出を逃した。

 先発の中島理来は六回までピンチを背負いながらも力投を続け、七回裏のマウンドにも上がった。「疲れはなかった」という中島理が投じた渾身(こんしん)の直球は、無情にも右中間へとはじき返され、勝敗が決した。中島理は「悔しかった」と試合後に声を振り絞った。

 「結果は悔しいが、選手たちは自分たちで考えてプレーしていた」と峯謙介監督。試合後のミーティングでは「やってきたことは間違いない。おまえたちもよくついてきてきてくれた」と選手たちをねぎらい、「(負けたのは)俺の責任」と涙を流した。

このエントリーをはてなブックマークに追加