2回戦・高木瀬小ク-弥生が丘中央少年 7回裏弥生が丘中央少年無死二塁、1番平井の犠打が内野安打になり、無死一、三塁と好機を広げる=みどりの森県営球場

高木瀬小ク(佐賀市)

1101000-3

1010000-2

弥生が丘中央少年(鳥栖市)

(高)御厨、辻-永渕

(弥)平井、綾部-友延

▽三塁打 福満(弥)▽二塁打 辻(高)

 

 高木瀬小クが最後まで粘る弥生が丘中央少年を3-2で振り切った。

 高木瀬小クは2-2で迎えた四回、先頭の4番御厨が敵失に乗じて出塁。機動力を絡めて三塁まで進み、暴投の間に生還して勝ち越した。

 弥生が丘中央少年は七回、満塁にしたが、あと一本が出なかった。

高木瀬小ク、猛追しのぐ

 最後まで根気強く戦ったが、あと1点が遠かった。弥生が丘中央少年は、高木瀬小クに2-3で惜敗。1点を追う最終回、一打逆転の好機をつくるも、初戦で優勝候補の三田川少年を破った相手の勢いを止められなかった。

 最終回、無死二塁の場面、切り込み隊長の平井周は「まだ勝てる。自分も生きよう」。犠打を三塁線に運び、全力疾走で自らもセーフに。無死一、三塁の好機を演出した。

 その後は後続を断たれたが、敗戦から収穫も得た。平川達也監督は「肝心な場面でボール球を見極める冷静さが必要」。綾部景太主将は「最後まで諦めない姿勢は出せた。これからもっと声を出すチームにする」と、奮起を誓った。

このエントリーをはてなブックマークに追加