三菱UFJ銀行が、全国に配置する現金自動預払機(ATM)を2023年度までに全体で2割程度減らす検討に入ったことが13日、分かった。人口減少などで収益環境が厳しさを増しており、コスト削減を進める。

このエントリーをはてなブックマークに追加