佐賀空港への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、大野原演習場(嬉野市、長崎県東彼杵町)で隊員の空輸などを行う部隊訓練が想定されている。佐賀県が機体の安全性を精査する過程で訓練内容を確認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加