サッカー・J2アルビレックス新潟は8日、鈴木政一監督(63)との契約を7日付で解除したと発表した。後任が決まるまで片渕浩一郎ヘッドコーチ(43)=鹿島市出身=が暫定的に指揮を執る。

 片渕コーチは鹿島小-鹿島西部中-佐賀商高-東海大を経て、1998年に当時JFLだったサガン鳥栖に加入。2001年までプレーし、02年に新潟で現役を引退した。03年から新潟の下部組織でコーチや監督を歴任し、トップチームで暫定的に指揮を執るのは3年連続となる。

 新潟はJ2リーグ戦で8勝5分け14敗(勝ち点29)の19位と低迷している。

このエントリーをはてなブックマークに追加