後部付近から出火し全焼した乗用車=佐賀市八戸

 7日午後0時20分ごろ、佐賀県佐賀市八戸の国道208号の八戸交差点で、信号待ちで停車していた乗用車から出火、約20分後に鎮火したが、車はほぼ全焼した。運転していた50代男性にけがはなかった。火災で現場周辺で数百メートルにわたって国道208号が一時通行止めとなり、その影響で周辺道路で渋滞が起きた。

 佐賀南署によると、複数の目撃者から「車からすごい煙が見える」「タイヤから炎が出ている」など110番や119番があった。男性は「後部座席から焦げた臭いがした」と話しているという。出火の原因を調べる。

このエントリーをはてなブックマークに追加