鳥栖-C大阪 前半14分、シュートを決めたDF吉田豊選手(23)とともに喜ぶ鳥栖の選手たち=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 サッカー・J1サガン鳥栖はリーグ戦第20節の5日、鳥栖市のベストアメニティスタジアムでセレッソ大阪と対戦し、1-0で今季初の完封勝利を飾った。5月6日の第13節・清水エスパルス戦以来、7試合ぶりの白星で、順位は一つ上がって16位。

 鳥栖は前半15分、吉田豊選手のシュートが決まり先制した。後半はC大阪の反撃に遭ったが、金敏爀(キム・ミンヒョク)選手、高橋祐治選手ら守備陣が体を張って、得点を与えなかった。

 鳥栖は第21節の11日午後7時から、鳥栖市のベストアメニティスタジアムで浦和レッズと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加