1万人目になった(左から)江越健さん、碧生さん、裕咲さん、奈津子さん=佐賀県立博物館

 佐賀県立博物館で開かれている体験型展覧会「すごいぞ! ボクの土木展-佐賀をつくる・守る・支える、人の技術-」が5日、開幕12日目で来場者数1万人を突破した。1万人目となった江越健さん(38)=佐賀市=一家に、県土木企画課の熊崎康春課長から同展オリジナルグッズや吉野ケ里歴史公園年間パスポートなどが贈られた。

 江越さんは妻の奈津子さん(39)、長女で東与賀小6年の裕咲(ゆう)さん(11)、長男で同4年の碧生(あおい)君(9)と来場した。奈津子さんは「326さんがペイントしたショベルカーがSNSでも話題になっていた」という。

 展示を見た裕咲さんは「マンホールの中をのぞく展示が面白かった」と話していた。来場者アンケートでは、積み上げた砂の高さに応じて映像が投影される「砂場マッピング」も人気を集めているという。

 12日午前11時と午後2時から、ティーンズミュージカルSAGAが出演するファッションショー「ドボクコレクション」がある。入場無料、会期は9月2日まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加