潟に足を取られながら支柱を立てる関係者。奥は1年前に立てた支柱=有明海

1年前に立てた支柱に付着したカキの稚貝(左)。右は4~5年のもの=有明海

 嘉瀬川河口の有明海で7月28日、カキの稚貝を付着させて育てるための支柱立てが行われた。有明海のカキ礁を復活させようという取り組みで、さが水ものがたり館(荒牧軍治館長)が発案。NPO法人有明海再生機構と久保田まちづくり協議会が協力し、2年前から取り組んでいる。

 水ものがたり館近くに生い茂っていた竹を5月に伐採して利用。関係者約35人が船で沖合に向かい、長さ1メートルほどの支柱を手作業で立てた。腰のあたりまで海面につけ、潟に足を取られながらの作業は1時間半にわたり、4千本を超える支柱が約500メートルの距離にずらりと立ち並んだ。カキなどの二枚貝は、赤潮の抑制をはじめとした水質改善も期待できるという。

 昨年立てた支柱にはカキの稚貝が付着しており、荒牧館長は「うまくいけば4、5年で育ったカキが潟に広がり、カキ礁ができる」と手応えを感じている。

このエントリーをはてなブックマークに追加