嘉瀬川河口の有明海で7月28日、カキの稚貝を付着させて育てるための支柱立てが行われた。有明海のカキ礁を復活させようという取り組みで、さが水ものがたり館(荒牧軍治館長)が発案。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加