4日午前11時30分ごろ、JR長崎線を走行中の博多発佐世保・ハウステンボス行き特急列車(8両編成)が一時的に停電などを起こし、佐賀県杵島郡江北町の肥前山口駅に停車した。車両点検のため運休し、乗客約300人は後続の列車に乗り換えた。折り返しの上り特急は博多駅まで運行した。

 この影響で長崎、佐世保線の特急計4本が運休、特急1本と普通4本が最大約20分遅れ、1500人に影響が出た。JR九州が原因を調べている。

このエントリーをはてなブックマークに追加