「さが農業経営相談所」の看板を掲げる佐賀県農業会議の坂井邦夫会長(左)と県農林水産部の池田宏昭副部長=佐賀市八丁畷町の佐賀総合庁舎

 佐賀県農業会議や県、JA佐賀中央会など9団体で組織する「県担い手育成総合支援協議会」は1日、佐賀市八丁畷町の佐賀総合庁舎4階に「さが農業経営相談所」を開所した。農業経営の法人化や事業拡大など、経営発展を目指す農家が抱えるさまざまな課題を解決するため、専門家派遣などの支援を行う。

 農水省が本年度から進める「農業経営者サポート事業」の一環。各都道府県に1カ所窓口を設け、支援体制の強化を図る。

 相談所は、農家などから寄せられた相談や要望について、定期的に開く戦略会議で共有。内容に応じて、農業経営アドバイザーや税理士、中小企業診断士、社会保険労務士など最適な専門家を選定し、派遣する。6次産業化などの相談は県地域産業支援センターと連携して対応する。

 県内でも個人や集落営農法人化などの相談は増加傾向にあるという。開所式で、事務局を担う県農業会議の坂井邦夫会長は「農業者のさらなる経営発展につなげ、佐賀県農業、農村の振興、発展を期待したい」と述べた。

 相談無料。時間は平日午前9時~正午、午後1時~同5時。問い合わせは事務局、電話0952(20)1810。

このエントリーをはてなブックマークに追加