佐賀県唐津市西城内にある唐津市民会館の冷房機器が故障し、大ホールや会議室などすべての部屋で冷房が使用できなくなっている。熱中症など体調面を考慮し、予定していた学校説明会の会場変更や映画上映会の中止など影響が出ている。

 市によると、1日午前に全館に冷風を送る水冷式の機器を起動させようとしたが、動かなかった。1970年に開館した当初から使用しており、老朽化が課題になっていた。

 4日に予定していた唐津東中学校の学校説明会は会場を変更し、浜玉町のひれふりランドで午後3時から開会する。5日の「ドラえもん」の映画上映会は中止し、前売り券の払い戻しは同日以降に市民会館で応じる。文化団体の練習会や行政関係の会議も会場変更を余儀なくされている。

 市文化振興課は「モーターの軸が折れているか、外れているのが原因と考えられる。猛暑で特に負荷がかかっていたわけではない」と説明している。8月中旬の復旧を目指し、来週から工事に入る。併設の曳山展示場は別系統で問題は生じていない。市民会館は建て替えの方針が示されている。

このエントリーをはてなブックマークに追加