北川伸二署長(右)から金の適マークを交付されるホテル春慶屋の今泉等専務=武雄消防署

 佐賀県武雄市のホテル「春慶屋」(大串成幸社長)が1日、防火安全対策が適切な宿泊施設として、武雄消防署から金の「適マーク」の交付を受けた。杵藤地区での金マークの取得は3件目で武雄市では初めて。

 適マークは3階建て以上で30人以上を収容する宿泊施設を対象に、消防機関が消火や防火、避難誘導などの設備や訓練の実施などを審査して交付する。最初は銀色で、銀を3年間継続できると金を交付する。フロントへのマーク掲示やホームページでの周知などができ、安全な施設としてアピールできる。

 春慶屋は避難経路を確保する改修工事や自動火災報知設備の整備などにも取り組んだ。武雄市の武雄消防署であった交付式では北川伸二署長が「今後も安全対策に取り組み、他の施設の模範になって」と激励。交付を受けた春慶屋の今泉等専務は「武雄の代表という意識で防災、防火、安全に積極的に取り組みたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加