鳥栖市女性映画の名手と言われ、国際的にも評価が高い成瀬巳喜男監督(1905~69年)の昭和の名作を集めた上映会が11、12の両日午前10時から、鳥栖市民文化会館小ホールで開かれる。1日500円で全席自由。

 「競演!原節子、高峰秀子、香川京子~成瀬巳喜男監督が描く女たち」と題し、4本を上映する。11日は上原謙と原節子が夫婦役のヒューマンドラマ「めし」(午前10時~)、クリーニング店を営む一家を描いた「おかあさん」(午後0時10分~)、芸者置屋を舞台にした「流れる」(午後2時~)、成瀬監督の遺作「乱れ雲」(午後4時10分~)の順に上映。12日は逆の順番で上映する。

 問い合わせは市民文化会館、電話0942(85)3645へ。

このエントリーをはてなブックマークに追加