義援金を手渡す佐賀銀行の富永金吾常務(左)=佐賀市の佐賀新聞社

佐賀市 西日本豪雨の被災者支援に役立ててもらおうと佐賀銀行(佐賀市、坂井秀明頭取)は3日、佐賀善意銀行(頭取・中尾清一郎佐賀新聞社社長)に、義援金100万円を預託した。

 同銀行の富永金吾常務が佐賀市の佐賀新聞社を訪れ、坂田勝次常務に義援金を手渡した。富永常務は「災害はあってはならないが毎年続く。ないことを祈るだけ」と話し、義援金について「少しでもお力になれば」と願いを託した。

このエントリーをはてなブックマークに追加