弥生時代、九州地方を代表するのは銅剣・銅矛などの武器型青銅器で、近畿地方を象徴する青銅器は銅鐸どうたくでした。小・中学校の教科書にも地図入りで解説されていました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加