佐賀商は、初戦の相手が同じ県立高で伝統校の高岡商(富山)に決まった。森田剛史監督は「打線が良く、主戦は140キロ後半を投げると聞いた。対策が必要になる」と感想を語る一方、「自分たちの野球をするだけ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加