2023年の国民スポーツ大会佐賀大会に向けた佐賀県総合運動場(佐賀市)周辺整備に関する推進本部会議が2日、県庁であり、スポーツやイベント関係者からの要望を加味して「SAGAサンライズパーク」(仮称)の基本設計を進める方針を確認した。8月末をめどに具体的な整備のイメージ図を公開する。

 会議では、スポーツやイベント関係者の意見として、入場口の間口を横に広く取ってほしいという要望や、雨でも荷下ろしができるひさしの設置を求める声が紹介された。スポーツチームの打ち合わせなどで男性スタッフも入ることを考慮し、女性用更衣室に間仕切りを設ける意見もあった。

 8月末に技術的検証や動線を踏まえたアリーナのイメージ図を公開する予定。9月県議会などでの議論を踏まえ、10月末に基本設計を策定する。実施設計を経て着工し、22年度までの完成を目指す。

このエントリーをはてなブックマークに追加