有田焼は、江戸時代初期の1610年代ごろに日本で初めて磁器生産に成功しました。その後、1640年代には中国船でアジアへ、50年代末以降はオランダ東インド会社の船でヨーロッパにも運ばれました。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加