販売が始まった「たっしゃか商品券」(下)と取扱店に掲示されるポスター

 武雄市は1日、75歳以上を対象にしたプレミアム付き商品券「たっしゃか商品券」の販売を始めた。7500円分を1冊5千円で販売し、1人2冊まで購入できる。市内約300店舗で今年いっぱい使用できる。

 既に交付を始めている1万円分のバス・タクシー助成券と併せ、高齢者の外出のきっかけにしてもらう。地域の消費活性化も狙う。

 商品券は500円券の15枚つづりで、小売店だけで使える専門店券4千円分と大型店でも使える共通券3500円分に分かれている。使用は本人か家族に限っている。

 券が使える店は「取扱店」と大きく書かれたポスターを掲示している。スーパーや飲食店、宿泊施設、歯科医院、レジャー施設などがあり、今後も協力店を増やしていく。

 17日まで市役所1階ホールに特別販売所を設け、各町の公民館でも1日ずつ販売日を設けている。20日以降は12月28日まで市役所1階の健康課で販売する。販売対象は約8千人で、事業費は1億2860万円。問い合わせは市健康課、電話0954(23)9135。

このエントリーをはてなブックマークに追加