木材市場を経営する佐賀木材(佐賀市)が民事再生法の適用を申請、1日に監督命令を受けた。負債総額は約16億8千万円で債権者は120人。事業は継続する方針。

 東京商工リサーチ佐賀支店によると、同社は1957年4月に佐賀木材市場として設立。90年5月に佐賀木材に商号を変更した。ピークの80年11月期は約46億8100万円を売り上げた。しかし、関連会社の業績悪化などで金融債務が膨らみ、新築住宅件数の減少などで大幅な債務超過に陥っていた。近年は黒字が続いていたが過大な債務超過を抱え、私的整理による再建を目指したがめどが立たなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加