倒壊の恐れがある空き家などの所有者らに、市が是正指導をすることを了承した対策協議会=鳥栖市役所

 鳥栖市の「空き家等対策協議会」の会合が1日、鳥栖市役所であった。倒壊の恐れや樹木管理が行き届いていない空き家など13件について、空き家対策特別措置法に基づき所有者に対して是正を求めることを市が提案し、了承された。鳥栖市が特措法を基に指導に乗り出すのは初めて。所有者らに適正な管理を実施するように文書で速やかに助言指導する。

 是正指導を行うのは、放置すれば倒壊する恐れのある空き家10戸と、樹木が生い茂って環境や衛生面で周辺に影響を与えている3件。法では助言指導、勧告、命令、代執行の順に手続きを進めることができる。

 樹木は10月までに、建物は来年2月までに是正するように求め、適切な対策を取らない場合は所有者に勧告する旨を協議会に諮る。13件の所有者や管理している人は市内外に住んでいる。

このエントリーをはてなブックマークに追加