県鳥であるカササギ(カチガラス)の保護対策会議が佐賀市であり、生態調査の結果、約7割が電柱に営巣していると報告された。営巣場所で、かつて多かったカキノキなどの樹木と電柱が初めて逆転した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加