明治安田生命J1リーグ第19節は1日、静岡市のIAIスタジアム日本平などで9試合があり、サガン鳥栖は清水エスパルスに0-1で敗れた。通算成績は3勝6分け10敗(勝ち点15)で、順位は変わらず17位。

 首位の広島は横浜Mに4―1で大勝し、3戦ぶりの勝利で勝ち点を44とした。FC東京は鹿島に2―1で逆転勝ちして2位を守り、同37。浦和は川崎を2―0で破り、6戦負けなしで勝ち点27とした。先制点の興梠は7年連続2桁得点。3位川崎は連勝が4で止まった。最下位の名古屋は仙台に2―1で勝って16試合ぶりの白星をつかんだ。

 第20節は5日にあり、サガン鳥栖は午後7時から鳥栖市のベストアメニティスタジアムでセレッソ大阪と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加