326さん(奥)のイラストをあしらったパネルに自由に色を塗る子どもたち=佐賀市の佐賀県立博物館

 佐賀市の県立博物館で25日に開幕した「すごいぞ! ボクの土木展」で、イラストレーターの326(ナカムラミツル)さんによるワークショップも始まった。326さんの描いたキャラクターで埋め尽くされたパネルを、子どもたちが着色する(26日まで1日2回)のほか、326さんがペイントしたショベルカー「しゃべるのホルホル」の展示などがある。

 初日のワークショップでは、横240センチ×縦150センチを4等分したパネルに子どもたちが群がり、クレヨンで色塗りに夢中になった。326さんは子どもたちに「好きに塗ったり描いたりしていいからね」と優しく声を掛けていた。26日は11時と13時から、各1時間程度ある。

 また「しゃべるのホルホル」はこの日、326さんのライブペイントで完成した。キリンのような網目模様や、工事用ヘルメットをかぶったキャラクターなどをちりばめた。28、29日、8月11、12、25、26日には乗ることもできる。

 入場無料。高校生以下の来場者は326さんのオリジナルクリアファイルがもらえる(平日先着200人、計3000枚程度)。土木展は9月2日まで。

このエントリーをはてなブックマークに追加