ソフトテニス女子個人3回戦 4回戦進出を決めて喜ぶ清和の宮原あかり(左)・山田奈央組=三重県鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場

ソフトテニス女子個人3回戦 粘り強くボールを拾い、4回戦に進出した清和の為藤真夏(左)・原華菜子組=三重県鈴鹿市の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場

 ソフトテニス女子個人は清和の為藤真夏・原華菜子組と宮原あかり・山田奈央組がそろって4回戦進出を決めた。県総体で嬉野・嬉野新に敗れて団体戦出場を逃した悔しさをバネに全国の強豪相手に力を発揮した。

 1回戦から出場した県勢がすべて敗退して始まった2回戦。県総体個人2位の為藤・原組が持ち前の粘り強いプレーで鶯谷(岐阜)に4-2で競り勝ち、勢いを付けた。

 「とにかく笑顔で声をしっかり出すことを心掛けた」と為藤。ダブル後衛の布陣で、ライン際の厳しいボールもしっかり拾って相手に主導権を渡さず、3回戦でも相手の攻撃を封じ込めた。

 同じく2回戦から登場した宮原・山田組は県総体個人を制した実力を発揮。宮原の力強いストロークで相手を崩し、前衛の山田がネット際でリターンをブロックした。

 昨年の全国総体個人で清和勢は3回戦止まりだった。為藤は「まずは2日目に進めたことがうれしい。全力プレーと応援で、清和らしいテニスを見せたい」と意気込んだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加