全国高校総合体育大会「2018東海総体」は31日、三重県の三重交通Gスポーツの杜鈴鹿庭球場などでソフトテニスとボートがあった。佐賀県勢はソフトテニス女子個人で清和の為藤真夏・原華菜子組と宮原あかり・山田奈央組が2、3回戦を勝ち上がり、4回戦に進出した。

 ボートは男女各種目の敗者復活戦があり、男子ダブルスカルの畑津銀次・畑津伝蔵組(唐津工)が3分27秒81で組1位となり、準々決勝に進出した。

 1日は三重県営サンアリーナで総合開会式があり、ソフトテニスなど5競技を行う。

このエントリーをはてなブックマークに追加