迷走した台風12号が佐賀県域を去った7月30日午後、諫早湾開門訴訟の原告の一人は地元の港でたばこをくゆらせていた。藤津郡太良町大浦の漁業大鋸幸弘さん(62)。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加