久々の栄冠に笑顔がはじけた。サッカー決勝は鹿島東部が昭栄を2-0で下し、15年ぶりに優勝旗を手にした。力田宏監督は「チームが目指す“縦に速いサッカー”を見せてくれた」と目を細めた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加