全国高校総合体育大会「2018東海総体」は31日、ボートとソフトテニスがあり、ボートの男子ダブルスカル敗者復活戦に出場した唐津工は1組1位で準々決勝へ進出した。男子舵手付きクォドルプルに出場した早稲田佐賀は敗者復活戦で4位となった。女子シングルスカルの敗者復活戦に出場した桐原初菜(早稲田佐賀)は4位となった。
 またソフトテニスは女子個人1回戦があり、鍬本・能見組(佐賀清和)は和歌山信愛ペアに0-4、 喜多莉 ・田中組(嬉野)は徳島の富岡東ペアに2-4、坂田 ・松下組(佐賀清和)は鳥取の米子松蔭ペアに1-4で敗れた。

このエントリーをはてなブックマークに追加