確定判決に基づく国の開門義務を「免責」できる理由を司法がどう示すのか注目された裁判。福岡高裁は漁業権の期限切れに伴い、漁業者の開門を求める権利も消滅したという形式論だけで国の主張を追認した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加