全国高校総合体育大会「2018東海総体」は30日、愛知県の愛知池漕艇場でボートの予選があった。佐賀県勢は男女5種目に出場し、女子舵手つきクォドルプルの唐津東が3分48秒02で組3位に入り、準々決勝に進出した。男子舵手つきクォドルプルの早稲田佐賀など男女4種目は敗者復活戦に回った。

 31日は同会場などでボートとソフトテニスがある。

 ▽男子かじ付き4人スカル予選

 「1組」(4)早稲田佐賀(大西、斉藤、片倉、小林、肥田)3分32秒93=敗者復活戦へ

 ▽同ダブルスカル予選

 「3組」(5)唐津工(畑津銀、畑津伝)3分27秒15=敗者復活戦へ

 ▽同シングルスカル予選

 「8組」渡辺一輝(早稲田佐賀)=棄権

 ▽女子かじ付き4人スカル予選

 「6組」(3)唐津東(曲渕、北村、田中、隈本、灰塚)3分48秒02=準々決勝進出

 ▽同ダブルスカル予選

 「2組」(6)唐津商(尾崎、桑原)4分36秒78=敗者復活戦へ

 ▽同シングルスカル予選

 「7組」(4)桐原初菜(早稲田佐賀)4分22秒31=敗者復活戦へ

このエントリーをはてなブックマークに追加