ZERO-基山ライオット 1回裏、右越えに2点本塁打を放ち、生還する基山ライオットの4番池田=みやき町の中原球場

武内体協野球部-朝日I&Rクラブ武雄 武内体協から毎回の7三振を奪って完封した朝日I&Rの山下克=武雄市の白岩球場

ティーエム物流-ミックス ミックス打線を完封したティーエム物流の山口恭平=伊万里市の国見台野球場

 第56回佐賀県アマチュア野球王座決定戦(佐賀新聞社・県軟式野球連盟主催)は29日、三養基地区、武雄地区、伊万里地区の代表決定戦や決勝があり、基山ライオット、朝日I&Rクラブ武雄、ティーエム物流、ミックスが県大会出場を決めた。

 基山ライオットは初回、4番池田の右越え2点本塁打で先制。二回は1番山本の左越え適時打で1点を追加した。三回は相手の悪送球や9番海老原の三遊間を破る適時打で2点を加え、ZEROを5-0で破った。

 朝日I&Rクラブ武雄は武内体協野球部を2-0で下した。四回、連打と四球で1死満塁とし、5番蒲地の中前打で先制。五回は1番井手の右越え打で追加点を上げた。主戦山下克は毎回の7奪三振で完封した。

 伊万里地区決勝はティーエム物流・山口恭平、ミックス・山口僚介による投手戦となった。0-0で迎えた六回表、ティーエム物流が4番林の適時三塁打で1点を先制し、これが決勝点となった。伊万里地区の出場枠は2で、ミックスも県大会に出場する。

 【三養基地区】代表決定戦=29日
ZERO   0000000 0
基山ライオット212000× 5

 【武雄地区】代表決定戦=29日
武内体協野球部   0000000 0
朝日I&Rクラブ武雄000110× 2

 【伊万里地区】決勝=29日
ティーエム物流0000010 1
ミックス   0000000 0

 

このエントリーをはてなブックマークに追加