豪快な背負い投げで「平成の三四郎」と呼ばれた柔道の古賀稔彦選手=当時(24)、旧北茂安町出身=が、バルセロナ五輪71キロ級で金メダルを獲得した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加