福岡高裁

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)を巡り、潮受け堤防の排水門の開門調査を命じた2010年の福岡高裁確定判決に基づく間接強制金(制裁金)を強制しないよう国が求めた請求異議訴訟で、福岡高裁(西井和徒裁判長)は30日、一審佐賀地裁判決を取り消して国の請求を認めた。国に課された開門義務の強制力が失われ、確定判決は事実上無効となった。

このエントリーをはてなブックマークに追加