抽選会に臨む各チームの選手たち=佐賀新聞社

 第49回佐賀県少年野球選手権大会・NTT西日本杯争奪大会(県軟式野球連盟・佐賀新聞社主催、NTT西日本佐賀支店協賛)の組み合わせ抽選会が29日、佐賀新聞社であった。32チームが参加し、8月11日から4日間、佐賀市のみどりの森県営球場など4会場で開かれる大会の組み合わせが決まった。

 抽選会には県内13地区の予選を勝ち抜いた選手や監督ら約100人が参加。NTT西日本佐賀支店の島智恭支店長が「今年で100回目を迎える夏の甲子園に負けないようなプレーを佐賀の地で見せてほしい」と激励した。抽選により、選手宣誓は神埼球友(神埼市)の田代輝斗主将に決まった。

 大会は各地区代表の30チームと全日本学童軟式野球県大会優勝の三田川少年(吉野ヶ里町)、準優勝の神野少年(佐賀市)で県一の座を争う。9日付の佐賀新聞で全出場選手を紹介する。

このエントリーをはてなブックマークに追加