そりに乗って滑り台をすべる子どもたち=佐賀市の神野公園こども遊園地

 夏休みに合わせて神野公園こども遊園地内にウオーターパークがオープンした。子どもたちは暑さをはね返す元気よさで、ミニスライダーなど七つのアトラクションを楽しんでいる。

 ウオーターパークには、水が流れる滑り台や年少児も楽しめるボール付きのミニプールもある。水鉄砲なども販売している。

 滑り台がお気に入りの松元直征ちゃん(5)は「外が暑いから、水が気持ち良かった。ほかの遊びも楽しかった」と笑顔。父親の延行さん(38)は「猛暑続きなので、子どもと一緒に“涼”を楽しみたい」と話した。

 ウオーターパークは小学生までが対象、9月2日まで遊べる。小学生未満は保護者の付き添いが必要。料金は1時間500円で、同遊園地のフリーパスチケットまたはハッピーセブンカードを提示すると300円(保護者は入場無料)で利用できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加