地球と火星の位置関係(c)国立天文台

 火星が7月末、地球に大接近する。最接近する31日は距離5759万キロと、15年ぶりの近さとなる。既に火星はいつもより明るくなっているが、ひときわ明るく大きく見える時期は9月上旬まで続き、観測する絶好のチャンスを迎えている。

 国立天文台によると、地球と火星は約2年2カ月ごとに近づいているが、軌道や周期の関係から距離は毎回異なる。

 今回の最接近は、日本では火星が空に昇る前の31日午後4時50分。東京では午後7時前に南東から昇り、真夜中に真南の空に達する。国内での見え方はほぼ同じで、天文台は「月明かりにも負けずに赤く明るく輝く」としている。

 肉眼でも見えるが、望遠鏡を使えば火星表面の模様や、北極や南極にある「極冠(きょっかん)」という白い部分も観察できるという。

 佐賀県内でも観望会が企画されており、佐賀市星空学習館と市立図書館は31日午後8時から、図書館とどんどんどんの森で実施する。

 問い合わせは星空学習館、電話0952(25)6320。

このエントリーをはてなブックマークに追加