剣道女子決勝リーグ・大和-神埼 副将戦で激しく競り合う大和の一番ヶ瀬陽(右)=唐津市の相知天徳の丘運動公園社会体育館

 強い先輩たちに憧れ、必死に練習を重ねてきた女王が意地を見せた。決勝リーグに進んだ4チーム中3チームが2勝1敗で並んだ剣道女子は、大和が混戦を制して3連覇を達成した。粘り強く戦い、勝者数で2位神埼を1人上回った。

 神埼との決勝リーグ最終戦は、中堅戦まで1勝2敗と相手に先行されたが、副将・一番ヶ瀬陽が奮起。先に1本取られても果敢に攻め続け、コテを奪って引き分けた。チームは神埼に敗れたものの、一番ヶ瀬が“1勝”を渡さず、優勝が決まった。

 昨年のチームは地元・佐賀市で開かれた大会で日本一に輝いたものの、試合に出た選手は残っていない。唯一メンバーに入っていた一番ヶ瀬は「強い先輩に憧れ、頑張ってきた。今年は私が引っ張りたい」。先輩から受け継いだ「攻める剣道」を貫く。

このエントリーをはてなブックマークに追加