物資供給の協定を結んだ田島町長(右)と古澤常務理事=白石町役場

 白石町は25日、NPO法人コメリ災害対策センターと協力協定を結んだ。大規模災害時に、日用品などの物資を提供する。

 町は、地震や風水害などを想定。町が支援を要請すると、コメリ白石店を通じてブルーシートや土のう袋、飲料水などの物資を提供する。コメリが県内で締結を結ぶのは、白石町で12カ所目。

 締結式では、田島健一町長が西日本豪雨などの被害に触れ「大規模災害が発生した際は、自治体だけの対応では限界がある。防災関係機関や民間事業者と連携して協力していくことが必要になってくる」とあいさつ。同センターの古澤通規常務理事は「災害が発生した際には、これまでの経験を生かしながら迅速に対応していきたい」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加