台風12号は29日深夜に佐賀県に最接近するとみられ、30日の明け方にかけて九州北部を通過する見込みになっている。県内は大雨や強風、高潮など天候が大荒れになる恐れがある。県は午後3時に災害情報連絡室を設置し、不要不急な外出を控えることや、早めの避難を呼び掛けている。

 佐賀地方気象台によると、県内の降水量は29、30日の両日、多いところで1時間に50ミリを予想している。最大風速は唐津沿岸の海域と有明海、陸上でそれぞれ25メートルとみている。唐津港や大浦港では、満潮の時刻と台風の接近が重なるため高潮の恐れもある。

 高潮に備えて、武雄河川事務所は杵島郡白石町の六角川河口堰を午後4時半ごろに全閉する予定。

 唐津と壱岐を結ぶ九州郵船フェリーは29日、始発を除き4便が欠航した。

 気象台は29日夜遅くから30日の午前中にかけて、低い土地の浸水や土砂災害、河川の増水や氾濫への警戒、強風や高波、落雷などへの注意を呼び掛けている。

このエントリーをはてなブックマークに追加