鳥栖-磐田 後半15分、ゴール前に攻め込む鳥栖FWトーレス(中央)。奥はFW金崎=鳥栖市のベストアメニティスタジアム

 鳥栖は新戦力のトーレス、金崎の両FWが初先発。序盤から主導権を握り、試合を優位に進めただけに悔しい引き分けとなった。

 前半2分、金崎がオーバーヘッドでシュートを放つと、3分にはFKからFW小野が頭でゴールを狙った。その後もボールを支配し、相手ゴールに何度も迫ったが、最後の精度を欠いた。

 後半も鳥栖ペース。4分に小野と金崎のワンツーで決定機をつくり、19分にはトーレスがループシュートを放ったが、いずれも相手GKの好セーブに阻まれた。終盤にはFW豊田が復帰後初出場を果たしたが、得点は奪えなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加