運転競技でフォークリフトを操作する出場者=佐賀市の県トラック協会

 フォークリフトの運転技術などを競う県大会がこのほど、佐賀市の県トラック協会で開かれた。運送会社などで働く18人が学科や実技に挑んだ。鳥栖市などに事業所を置く日立物流九州(福岡県)の船岡秀伸さんが優勝した。

 関係法令や走行に関する装置の構造、力学についての「学科」、あらかじめ設定していた不具合を発見する「点検」、フォークリフトを操る「運転」の3競技で競った。

 大会は、陸上貨物運送事業労働災害防止協会県支部が主催した。優勝者は9月に愛知県である全国大会に出場する。

 他の入賞者は次の通り。(敬称略)

 (2)井上祥平(協業組合九州ロジテックカーゴ)(3)吉原和希(同)(4)志田英喜(九州センコーロジ)(5)正林誉啓(佐賀運輸)▷女性部門(1)嶺川祥亜(トワード)

このエントリーをはてなブックマークに追加