小型無人機「ドローン」を活用し、農薬を散布する実証実験が26日、嬉野市の農地であった。稲の株元に寄生する「トビイロウンカ」を対象に、粒剤と液剤の農薬を散布。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加