国が訴えを起こしている「請求異議」は本来、不当な強制執行を防ぐための救済の手続き。例えば、確定判決に基づいて賠償金を支払ったのに財産が差し押さえられる場合に、異議を申し立てる手段になる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加