豪雨災害の視察などで佐賀県を訪れた国民民主党の大塚耕平共同代表が、佐賀新聞社のインタビューに応じ、原発政策で2030年代の「原発ゼロ」を目指す考えを示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版(有料)への登録が必要です。
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加