佐賀地方気象台によると、佐賀市で37・6度を記録したほか、佐賀市川副で2003年の統計開始以降、7月の観測史上最高の36・8度となった。嬉野市や白石町でも猛暑日となった。県内の猛暑日は14日連続となり、過去最長を記録した1994年7月と並んだ。28日も佐賀市で最高気温36度を予想している。

このエントリーをはてなブックマークに追加