道交法違反(酒気帯び運転、当て逃げ)の疑いで唐津市職員の容疑者(25)=同市松南町=が逮捕された事件で、唐津市は27日、市幹部が謝罪した。市によると、容疑者は、複数の同僚と飲酒していた。

 同日あった人事異動の記者発表の席で冒頭、櫻庭佳輝総務部長らが謝罪した。櫻庭総務部長は「起訴になるならそこまで見ないと状況を把握できないが、判断する材料が出てきたら、速やかに処分を決定したい」と語った。一緒に飲酒した同僚がどう対応したかなど詳細はこれから調べるという。

 唐津署によると、容疑者は25日未明、唐津市坊主町の市道で酒気を帯びた状態で乗用車を運転。民家の石垣に衝突する事故を起こし、警察官に届けずに逃げた疑いがある。事故の数時間後、父親に連れられて署に出頭した容疑者からは呼気1リットル中0・42ミリグラムのアルコールが検出され、26日に逮捕された。

 唐津署は27日、容疑者を佐賀地検唐津支部に送検した。

このエントリーをはてなブックマークに追加