子どもたちは紙袋に手提げ用のひもを通す作業を体験した=鳥栖市秋葉町のコスモス夢工房

 鳥栖市内の小学生を対象にした福祉体験スクールが24~26日、開かれた。初日は福祉作業所を訪ねて交流した。

 共に生きることの大切さを学んでもらおうと市社協が毎年開いており、31回目のことしは市内全8小学校から38人が参加。午後からは2班に分かれて市内の福祉作業所を訪問した。

 このうち知的障害を持つ人たち18人がかりんとうやラスクなどを製造販売しているコスモス夢工房では、紙袋に手提げ用のひもを通す作業や太鼓演奏などを一緒に行った。期間中には、手話体験や盲導犬と生活している人から話を聞く機会もあった。

このエントリーをはてなブックマークに追加